読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たなかのブログ

読んだ本や観た映画の感想をさくっと綴るブログです。

【映画】僕達急行 A列車で行こう

映画

 

続けて映画メモ。

 

僕達急行 A列車で行こう [DVD]

僕達急行 A列車で行こう [DVD]

 

主演は松山ケンイチ瑛太

鉄道好きの2人が、鉄道を通していろいろなことを経験していく物語。

 

正直、物語性はない。

こんな風に趣味に熱中できたらとても楽しいだろうな。

さらに、それを友と分かち合えたらもっと楽しいだろうな、と思わせてくれる作品。

 

印象に残ったのは、

Nゲージ(っていうのか、鉄道模型っていったほうがいいのか)のシーン。

ああいうの家に欲しい。お金貯めて、家買って、鉄道模型部屋つくろう。

【映画】森崎書店の日々

映画

 

続けて映画メモ。

森崎書店の日々 [DVD]

森崎書店の日々 [DVD]

 

 

主演は菊池亜希子。めちゃくちゃかわいい。

大失恋をした女の子が、神田神保町にある小さな書店で手伝いをする物語。

何を伝えたいのかはよくわからない。だけど、ものすごく神田神保町に行きたくなる。こんな生活送りたくなる。

 

印象に残ったのは、

「本を読まない人間は世界の上辺しか見れない」

「価値あるものを手に入れるのではなく、価値を作り出せる人間は強い」

という言葉。

 

【映画】百万円と苦虫女

映画

 

今回も映画メモ。というか、大半が映画メモ。

 

百万円と苦虫女 [DVD]

百万円と苦虫女 [DVD]

 

 今回はこちら。

短大出たばっかの女の子がとある出来事をきっかけに百万円貯まっては引っ越す物語。

引っ越す先は海、村、地方都市。

 

全体的にほんわかなストーリー。蒼井優がはまり役。

こんな生活も楽しそうと思いながらも、女の子だからこそ(それも蒼井優のような)できることなのかなあと思ってしまった。結婚に逃げるってせこい。

 

印象に残ったのは村の風景。

朝早く起きて、昼間は畑仕事をして、夕方はひぐらしの声を聴きながら読書する。こんなスローライフ送ってみたい。

【映画】ビリギャル

映画

 

今回も映画メモ。

 

偏差値30のギャルが、家族、友達、先生など様々な人の思いを背負いながら慶応大学を目指す物語。

 

不覚にも泣いてしまった。

友達、先生の主人公を思う強い気持ちはもちろんだが、家族の主人公を思う気持ちの強さ、そこから生じる行動の重さは特に感動した。

 

可能性は人を熱くするんだなあと感じました。

【映画】南極料理人

映画

 

今回も映画メモ。

南極料理人 [DVD]

南極料理人 [DVD]

 

 

南極料理人です。

自衛隊の料理人が南極基地で過ごす約1年半の物語。

 

外は-50度、生き物はおろか、水もない、電話もなかなかできない、そんな過酷な環境で、自分ならどんな思いで1年半を過ごすんだろう。

 

凍えそうな中で食べる豚汁はとてもおいしそうだった。

【映画】海賊と呼ばれた男

映画

 

今回も読書メモではなく、映画メモ。

今回の作品はこちら。

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

 

 

出光の創業者のサクセスストーリーです。男前っぷりに感動。

主演は岡田准一。これもまたかっこいい。

主人公や岡田准一にはなれないけれど、自分の決めたことはやり抜く姿勢、仲間を大事にする姿勢を見習おう。

【映画】モテキ

映画

 

今回は読書メモではなく、映画メモ。

観た映画はこちら。

モテキ DVD通常版

モテキ DVD通常版

 

 

モテキです。

感想。森山未來になりたい。

あと、相手に話題を合わせて盛り上がるのって重要なんだなあと再実感。

「僕もそれしってる!!!やったことある!!!」っていうオーバーリアクションも重要。今度やってみよう。そのために守備範囲も広げておこう。

以上です。